YAMAHA BBシリーズの復活なるか!?

こんにちは、iPhoneアプリ「BeatMaster」作者の安田です。

さて、私がかつて中学〜高校の頃、世間の音楽シーンでは「ヘヴィメタル」そして「フュージョン」がめちゃくちゃ盛り上がっておりました。そして私も学校の友達とはヴァンヘイレンやアイアンメイデンなどのヘヴィメタルをやりつつ家ではこっそりフュージョンの楽曲を片っ端からコピーしていたわけですが、当時そんなフュージョン系ベースプレイヤーの憧れの楽器といえばまぎれもなく「ヤマハBB2000」なのでした。なぜ「まぎれもなく」なのか? それはカシオペアの櫻井哲夫氏が使っていたから、に尽きるわけであります。

で、YAMAHA BBシリーズは大ヒットしその後さまざまなラインナップを取り揃えるわけですが、当時まだ5弦ベースが珍しかったあの時代に「BB5000」という名器を出した後、フュージョンブームの減衰とともにBBのブランドも下火になっていきます。(BB5000、私も持っていましたが、お金のない時代に売ってしまったんですよね(泣)。。悔やんでも悔やみきれませんですハイ)

と思ったら今から15年ほど前に突如「BB Limited」を発売開始するわけですが、オールドのジャズベースの再現に命を賭けているような感じで、確かにメチャクチャいい音はするのですが(私もいまBB Limitedをメインで使用しています)、いわゆる「YAMAHAのベースの音」ではなかったんですよね。

そんなわけで久々の名器BB Limited、評判はとても良かったものの「BB」としてはなんかイマイチな感じで生産中止となり、もうBBの歴史も終わりかなと思いきや、これまた突如現れたBB2024/2025シリーズ。しかし30万は高い。。と思ったのもつかの間、今度は10万以下でBB1024/1025シリーズが登場。ワォ。。。

YAMAHA BB Series(アメリカのヤマハのサイトより)

BB1024/1025シリーズの音はまだよく分かりませんが、とりあえずBB2025については以下のビデオ必見。観た感じではまさしく往年のBBならではの「ヤマハの音」が再現されていますね。

という感じで、かつての櫻井哲夫ファンは皆、一生ヤマハBBに振り回される人生を運命づけられているわけであります。櫻井さんご自身はいまFoderaがメインですが(笑)。


フルスペック版はこちら 〜BeatMaster Professional Edition〜

まずは無料版でお試しを! 〜BeatMaster Free Edition〜

BeatMasterシリーズは株式会社レキサスが開発しています



スマートフォンアプリ開発のご用命は、沖縄のIT企業 株式会社レキサス までお気軽にご相談ください。アプリやアイコンのデザイン、UX/UIのご相談もお受けしております。

沖縄の音楽イベントを探すなら「ぴらつかこよみ」〜毎月1500件以上のイベントが追加されてます〜

Androidアプリ「BackStagePass(バックステージパス)」も無料でご提供中〜