〜 Playing with soulful groove 〜 トモ藤田さんの「生きたグルーヴでギターが弾ける本」を買いマシタ

こんにちは、BeatMaster Professional Edition作者の安田です。

さて、わたくしはベースプレイヤーなのですが、今回このような本を買いました。

ikitagroove

生きたグルーヴでギターが弾ける本」です。この本は泣く子も黙るバークリー音楽大学で現在ギターの先生をされているトモ藤田さんが著したもので、ずばりグルーヴに特化した内容となっていまして、一応はギタリスト向けを謳ってはいますが実際はベースプレイヤーもドラマーにも応用が利く良書です。

CDも付いているのですが、これもなかなかユニーク。一般的な教則本の付属CDとは異なり、実際にトモ藤田さんが喋りながらギターを弾いて教えてくれる様子をそのままデジタルレコーダーで録ったものになっているため、あたかも自分がトモ藤田さんのギターレッスンを受けているかのような感じで聴くことができます。

「グルーヴ」に関してはどうも我々日本人は苦手感が拭えないように思うのですが、その点についてトモ藤田さんはこのようにおっしゃっています。

「グルーヴがあるというのは人種や出自などの生得的な問題ではなく、文化や環境が大きく影響している」

「教会に通う黒人はグルーヴィな音楽を聴く機会が多いので、グルーヴを表現するのに長けている人が多いというだけのことです」

「グルーヴの第一条件は、まずは良いリスナーになること」

「グルーヴがうまく出せないという悩みは、突き詰めれば聴き足りないということが原因です」

つまり、グルーヴしないのは黒人に生まれなかったからではなく(笑)、グルーヴする音楽を聴き足りていない、ということが原因だったんですね。

詳しくはぜひこの本を買って読んで頂きたいのですが、お勧めの音源も紹介されています(あのダニー・ハサウェイの「ライブ」も紹介されていました)。

なお、トモ藤田さんご本人による「生きたグルーヴでギターが弾ける本」の動画もありますヨ。

トモ藤田さんの動画は他にもたくさんありますので、また追ってご案内したいと思います。(トモさんの教え子のひとりでもあるジョン・メイヤー氏とセッションしているものもあったりします。。)

というわけで、このサイトをご覧になっている皆様全員にお読みになって頂きたい本、「生きたグルーヴでギターが弾ける本」をご紹介させていただきました。ホントにお勧めですので、ぜひ書店や楽器店などで手に取ってみて下さい。


NHK「SONGS」でTOTOが特集されてましたね。。

こんばんは、BeatMaster Professional Edition作者です。

さて、先日のNHK「SONG」にTOTOが特集されておりましたですね。それも昔のTOTO。。なぜSONGでTOTOなのかよく分かりませんでしたが、いちファンとしては非常に嬉しい企画でありました。来日時の貴重なライブ映像もあったりしてかなりビックリ。。

個人的にはTOTOの曲で思い出深いのは「99(ナインティーナイン)」であります。ナゼカと申しますと、学生の頃、私がドラム担当でTOTOのコピーバンドをやろうというムチャクチャな企画がありまして、そこで「99」を練習していたところ、サークルのドラマーの先輩に「おまえがTOTOのドラム?100年早いんだよ」とケチョンケチョンに言われましてですね。。まぁ、その後も懲りずにドラムの練習は続けていたわけですが。。

そのようなわけで、泣く子も黙るジェフ・ポーカロのグルーヴが心地良い「99」をご紹介します。


心の師匠2人目:マーカス・ミラーさん(ベースプレイヤー、作曲家、編曲家、プロデューサー)

こんにちは、BeatMaster作者の安田陽です。

さて、今回の心の師匠シリーズは、もういきなり本命かという感じですが、マーカス・ミラーさんにご登場頂こうと思います。私の思うマーカス・ミラーさんの良さを、え〜、ちょっと列記してみます。

============

1.とにかくスラップ奏法でのサウンドが個性的、かつ非常に良い音。
2.めちゃくちゃバネのあるリズム。
3.フレットレスもウマイ。
4.バスクラリネットも吹く。これがなかなか渋いんだな。。

============

1.ですが、これはアレですね、今から20年以上前は唯一無二の存在だったんですが、今はもうみーんながマネしちゃってますよね。というか、本人のシグネチャーモデルも出てたりするし。。でもあの、粘りがありつつクリーンなサウンドを初めて聴いた時はホントに衝撃的でした。。

2.はですね、個人的な思い出としてはやっぱりアレです、以前にも書いたことがありますが、ボブ・ジェームスさんの「Foxie」というアルバムの最後に入っている「マルコポーロ」という曲。あの曲でのマーカスさんのベースのバネというかネバリ具合はすごい。あの曲を高校時代に知ることができたのは、自分にとってホントにラッキーだったと思います。(ちなみにこちらで視聴できますが、一番いいところが抜けてます。。)

3.フレットレスはフォデラ使ってますね。アルバムを買うとフレットレスを多用した楽曲を聴くことができます(すみません、CDを日本に置いてきているため、曲名が今わからないのですが。。)なお、本人も認めてますが、ジャコ・パストリアス先生が大好きだったとのこと。

4.マーカスさん、本当はどんな楽器でもだいたい演奏できるらしいんですが、バスクラリネットがまた素晴らしいんですよね。。アルバムにも入ってたと思いますが、ライブでも演奏しています。去年サンノゼジャズフェスティバルでマーカスさんを観た時は、バスクラリネットでスローなジャズのスタンダードを吹いてました。抑えた感じですごくいいのよこれが。。

というわけで、以前もご紹介しましたがライブアンダーザスカイでの「ラン・フォー・カヴァー」、そしてバスクラリネット渋すぎの「In A Sentimental Mood 」。後者はスゴイ。あとからデヴィッドサンボーンが加わりますが、これがマジで鳥肌。そうそう、わたし実はライブアンダーザスカイでマーカス・ミラーさんを観たことがあるんですが、ベース奏者というよりも、バンド全体を指揮するその姿がカッコ良くて、すごくインスパイアされた記憶があります。そういう感じがいいですね。あれだけ技術がありながらも「オレがオレが!」にならず、バンド全体のサウンドをまとめることに集中する姿にすっごく心打たれます。


キタ━(゚∀゚)━!!!!! 久保田利伸「流星のサドル」 with カシオペア

こんにちは、BeatMaster作者の安田@シリコンバレーです。

さて、本日ご紹介するGrooveはこちら、1989年の久保田利伸氏とカシオペアによるコラボレーションです。楽曲は「流星のサドル」。この曲は久保田ファンでなくともご存じの方も多いでしょう。ただ、カシオペアの野呂一生氏のアレンジにより、原曲よりさらにGroovyな16ビートに大変身しています。こちら、私が思うにポイントは櫻井氏のスラップベースだと思います。このベースパターンが楽曲のGrooveのコアになっていると思うんですよね。このベースはその昔私も完コピしましたが、かなりいろんなところでツカえますので、ベースプレイヤーの皆さんはぜひ引き出しとして持っておかれると良いと思います。あ、あと、この曲ではベースソロもありますね。途中から久保田氏が絡んできてナカナカ面白い。いや〜、このアレンジはマジでいいですよ。。




リズム感トレーニング専用iPhoneアプリ「BeatMaster」詳細はこちら


ジャコ・パストリアスの歌モノといえばジョニ・ミッチェルなわけですが

こんにちは、BeatMaster作者の安田です。

さて、ジャコ・パストリアスの歌モノといえばジョニ・ミッチェルなわけですが、個人的に一番好きな音源はコレ、1979年にカリフォルニアで行われた例のライブの一曲目「In France They Kiss On Main Street」です。このグルーヴ、サイコ〜♪ まぁこのライブのメンバーは当時の世界最強なコンテンポラリー系ジャズミュージシャンを集めた感じになっていますが(キーボードはライル・メイズ、サックスはマイケル・ブレッカー)、ポイントはドン・アライアスのドラムですかね? 私がドン・アライアス氏のドラムを聴いたのは先にも後にもこの音源だけなんですが、このシンプルなドラミングとその上に乗っかる最強メンバーたちが織りなすグルーヴがかなり独特で好きです。やっぱりアメリカのミュージシャンはひとりひとり個性があっていいな。。

しかしジャコ・パストリアスかっこよすぎです。あと、中盤のパット・メセニーのソロも大好き。1979年のカリフォルニアも自分の目で見てみたかったな。。


リズム感トレーニング専用iPhoneアプリ「BeatMaster」詳細はこちら


USTREAMで「結成10周年記念ヒダじんぼコンサート2011 featuringなぎ太鼓」の録画を観ることができます!!

みなさんこんにちは、神保彰大ファンの安田@BeatMaster作者です。

え〜、ご存じの方もいらっしゃると思いますが、1月23日(日)に行われた「結成10周年記念ヒダじんぼコンサート2011 featuringなぎ太鼓」の模様がUSTREAMで同時中継されました。以下にてじっくりその模様をご覧頂けます。

ヒダじんぼのライブ映像を観たのは今回が初めてなのですが、いや〜イイですね〜、MCが(笑)

ま、それはさておき、ヒダノさんのセッティングをもっと近くで見てみたいなーと思っていたら、神保さんのドラムテックである枝川さんのブログに写真がアップされていました。フツーのドラムセットと変わらないですね(笑) でも個人的にはヒダノさんがこのコンサート中に「宴会芸」といいながら薄い太鼓3つだけで演奏していたスタイルも結構好きです(1時間5分0秒あたりから始まります)。

しかし大太鼓が1千万する(それでも安い木を使って)というのは。。フェンダーのオールドが100万ちょいなんてカワイイものですね。。


全世界のドラマー必見、デイヴ・ウェックル & ヴィニー・カリウタ & スティーヴ・ガッドのドラムバトル映像@バディ・リッチ・スカラーシップ・コンサート

こんにちは、BeatMaster作者の安田です。

ということで、先日デイヴ・ウェックル・バンドのビデオをご紹介しましたので、本日は泣く子も黙るこちらの映像を。。

このビデオがリリースされたのは確か20年くらい前だったと思いますが、バディ・リッチ・スカラーシップ・コンサートというイベントで、デイヴ・ウェックルとヴィニー・カリウタとスティーヴ・ガッドという地球を代表するドラマーが一堂に会し、共演した時の映像です。当時これをビデオで観た私は本当にぶっ飛びましたが、いま観ても最強の演奏ですね。。やっぱり3人それぞれ、お互いの演奏に変な影響を受けることなく個性丸出しでパフォーマンスしているところがすばらしい。特に、パワーと超絶テクニックが見事というしかないヴィニー・カリウタ、そして、独特のグルーヴで圧倒的な存在感を示すスティーヴ・ガッド。。もーたまりませんです。。

実はこのシリーズ、デニス・チェンバースやグレッグ・ビソネットが参加しているものもありますので、また別途ご紹介したいと思います。


なんだこのChickenは。。by デイヴウェックルバンド

うーん。。というわけでバカテクな面々が勢揃いしたデイヴウェックルバンドによる、おなじみの「The Chicken」。しかしこのベースの人ったら6連符連発。。これだけ弾ければ気持ちいいでしょうね〜。私にはムリです。。

個人的にはイントロのデイヴウェックルのリズムパターンがクールで好きです。でもちょっとテンポが速いのでオリジナルとはかなり違う雰囲気になってますね。


ニューオリンズ発、めちゃゴキゲンなファンクバンド「Papa Grows Funk」

こんにちは。シリコンバレーはただいま夕方の5時前。だいぶ寒くなってきました。

さて、今日ご紹介するのは超ゴキゲンなニューオリンズのファンクバンド「Papa Grows Funk」。で、以下のビデオを観て頂きたいのですが、ギタリストがどうも東洋系っぽい。。ニューオリンズで東洋人。。。? ということでお気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、あの山岸潤史師匠がギターを弾いておられます。。!!! また、ベースの方もメチャいい音してますが、このベースはLAKLAND製ですね。。スラップも指引きもバランス良く出てるなぁ。。

あー、ニューオリンズ行きたくなってきました。。


大本命マーカスミラー師匠@ライブアンダーザスカイ(よみうりランド オープンシアターEAST)

こんにちは。えー、私がベースを始めた頃、世の中ではフュージョンと呼ばれる音楽が相当流行っておりまして、テレビCMでも盛んに流れておりました。もともと高中正義やカシオペアのファンだった私が洋楽のフュージョンを知ったのもテレビCMだったのですが、どんなCMかと言いますと、確かサントリーのウイスキーだったと思うのですが、ボブジェームスの「マルコポーロ」という曲が流れておりまして()、そこでトンでもなくカッコいいベースが鳴っていたわけであります。

で、さっそくLPを買ってきてクレジットを確認すると、ベースはMarcus Millerという人が弾いていることが判明。すぐにファンになりまして、その後マーカス氏が参加しているアルバムを片っ端から買い漁ったわけであります。

そんなわけで私の20年来(たぶんもっと)の心の師匠、マーカスミラー氏の「LIVE UNDER THE SKY」(泣)での素晴らしいパフォーマンスをご紹介したいと思います。楽曲は、デヴィッドサンボーンのあの名曲「Run For Cover」。


フルスペック版はこちら 〜BeatMaster Professional Edition〜

まずは無料版でお試しを! 〜BeatMaster Free Edition〜

BeatMasterシリーズは株式会社レキサスが開発しています



スマートフォンアプリ開発のご用命は、沖縄のIT企業 株式会社レキサス までお気軽にご相談ください。アプリやアイコンのデザイン、UX/UIのご相談もお受けしております。

沖縄の音楽イベントを探すなら「ぴらつかこよみ」〜毎月1500件以上のイベントが追加されてます〜

Androidアプリ「BackStagePass(バックステージパス)」も無料でご提供中〜