iOSアプリ「BeatMaster Professional Edition」でリズム感を試してみた

こんにちは、BeatMasterシリーズ作者の安田です。

さて、先日とあるBeatMasterユーザーの方から動画が届きました。せっかくなのでこちらのブログでもご紹介したいと思います。

こちらの方は沖縄で音響関係のお仕事に携わっていらっしゃるそうで、楽器はドラムもプレイされるとのこと。BeatMaster側のビートパターン設定は「16a」という、16分音符の2番目にメトロノーム音がなる少し難しいパターンですが、さすがドラマーならではの発想で、ちゃんと両手でカウントされています。

そうなんですよね、BeatMasterの作り手の私としても、この方のように自身の中でリズムを細分化して、それとこのBeatMasterのメトロノームのウラの音をマージして捉えていただけているのは、まさに私が意図した形なんです。なので、こういった形でプレイしていただいているのを見ると、私としても非常に嬉しいわけです。。

また「自分はこういうふうにBeatMasterを使っている」という動画などありましたら、ぜひメールでご連絡ください。こちらのブログでどんどんご紹介させて頂きたいと思っています。


フルスペック版はこちら 〜BeatMaster Professional Edition〜

まずは無料版でお試しを! 〜BeatMaster Free Edition〜

BeatMasterシリーズは株式会社レキサスが開発しています



スマートフォンアプリ開発のご用命は、沖縄のIT企業 株式会社レキサス までお気軽にご相談ください。アプリやアイコンのデザイン、UX/UIのご相談もお受けしております。

沖縄の音楽イベントを探すなら「ぴらつかこよみ」〜毎月1500件以上のイベントが追加されてます〜

Androidアプリ「BackStagePass(バックステージパス)」も無料でご提供中〜