こんにちは、BeatMaster と申します。

私は名前から推測していただける通り、音楽が大好きなアラサー男子です。

BeatMasterと名乗っていますが、実はこれはあるiPhoneアプリの名前から引用させていただいています。

そのアプリとは、ある会社が作った自分の思い通りのビートを刻んでくれる夢のようなワクワクするものだったのですが、最新のiOSに対応することが出来ないという理由で開発から撤退してしまったという経緯があります。

私は、このアプリが大好きで昔のiPhoneからずっと愛用していたのですが、開発が終了し寂しい想いをしていたところ、なんとこの「beatmaster.jp」というドメインが売りに出されていて、この必然的な出会いを大切にしようと思って私が BeatMaster を名乗ることで、私と同様のbeatmasterファンだった方々の心に残るようにサイト運営をして行こうと思ったわけです。

ここで、私のストーリーを簡単にお知らせしたいと思います。



私は、群馬県にとある小さな町で生まれました。

父親は、小さな町にある楽器店を経営しておりまして、ジャズバンドを組んでそこでギターを弾いていました。

私は、父に幼少時代からギターを与えられ、3コードでブルースが弾けるように教育を受けて来ていて、最初に弾いたのは「T BONE WATER」だったように記憶しています。

この時、小学二年生でした。

父は、私に自分が果たせなかった渡辺香津美さんのようなプロのギタリストになって欲しかったようなのですが、私はどうしてもブルースやジャズの世界に馴染むことが出来ず、高校進学時には完全に路線を変えてビートミュージックに嵌まり込んでしまいました。

そこで出会ったのが、『BeatMaster』というiPhone用のアプリだったわけです。

私は、中学時代も吹奏楽部に所属していたこともあって、音感はそこそこあったように思います。

ですので、『BeatMaster』に出会った時には、まさに渡りに船のようなもので、完全にこのアプリを使いこなし、様々な作曲に没頭してしまいました。

親が夢見ていたプロのミュージシャンに私もなろうと思えたのも丁度この時期からでした。

この話の続きは、またどこかで書きたいと思いますが、結論から申しますと私はプロミュージシャンの道を今は断っています。

今は、、です。

そして、今はジャニーズグッズ買取にハマっています。

 

というと、意味不明だと思いますが、音楽の世界だけで飯を食っていくのは本当に厳しいことは、あなたも少しはご存知だと思います。

実は私は高校を中退していまして、群馬から東京に出てアルバイトをしながら芸能事務所でアルバイトをしながら食いつないでいたのです。

 

“いつかチャンスがあれば、自分の作った曲を売り込もう!”

 

そんな想いだけで上京してきました。

ビートに狂った私には、そのお手本となるあるビッグバンドが群馬には居たからです。

 

それは、ご存知『BOФWY』です。

以下のBOOWYのドキュメントを見て、私は音楽の世界で成功しようと決めたのです。

 

「そんな浅はかな思いで成功なんてできっこないよ」とあなたは思われるかもしれません。

 

今の結果だけを見られてしまうと、確かにそうかもしれません。

 

で、今、私はある芸能事務所でアルバイトをしながらなんとか生計を立てているわけですが、実はここで踏ん張るために、ブレイクするまでに食いつないでいるというわけですww

そして、ラッキーなことに、ここの芸能事務所には、なぜか「ジャニーズグッズ」が事務所内のあちこちに置いてあって、それを段ボールごと私に無料でくれたのです。

 

「ジャニーズグッズなんてもらっても、オレ、知り合いにジャニオタなんていないしなぁ~~」

 

なんて思っていたところ、、あるアイデアが浮かんだのです。

 

「これ、ヤフオクやメルカリとかで売ったら高く売れるんじゃないかな?」

 

試しに数個をスマホからメルカリで嵐のDVDを出品してみたところ、なんと瞬時に売れちゃったわけです。

しかも、定価で…。

そのDVDは限定販売されたいたものだったために、初回限定の特典が嵐のファンにはウケたようでした。

 

そこから、徐々に販路を拡大してとにかくオークションやAMAZONなどので売りまくっていたのですが、どうしても作業効率がアップしません。

 

「もっとうまくジャニーズグッズを売る方法はないかな…」

 

そう思った時に、実はインターネット上にはジャニーズグッズ専門の買取を行っているサイトがいくつもあったというわけです。

 

ここでは、このジャニーズグッズの買取方法をお伝えしてしたいと思います。

 

あくまで私はプロミュージシャンになるための布石だと思っていますが、どうぞお付き合いのほど、よろしくお願いいたします。

 

 

 

BeatMaster